疳の虫 (小児四肢疼痛発作症)

京都大学によって西洋医学にまた新しい病名が出来ました。

小児四肢疼痛発作症という名前がつけられたのは「かんの虫」

 

遺伝子変異によって起こる小児の四肢や顔の痛みだそうです。

 

手足の関節や頬に鈍い痛み。

発作的な痛みが月10〜20回程度おこる

寒さや雨で痛みが起こる

15歳ごろになると軽減する

 

原因不明で急に泣き始める赤ちゃんはこの病の可能性があります。

しかし、治療法はまだありません。

 

…。

 

鍼灸では昔からフツーに治してますが?!

 

と、とにかく今後の研究に期待です∠(`・ω・´)

 

 

タグ:

Add a Comment

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾