室蘭工業大と釧路管内白糠町の研究でアルツハイマー病の原因物質とされるアミロイドβを抑制する作用が強い植物が特定されたとのことです。

 

ゲンノショウコ

オノエヤナギ

チリメンアオジソ

スペアミント

 

意外とおなじみの物が多くて意外性に欠けますね…

 

研究によってアイヌ民族が古来、食用や薬用に利用していた植物が有用である可能性が高いことが分かった。とされていて実はこの他にもあって全9種類! しかしまだ他は大人の事情で秘密なんだとか。(笑)

因みにこの中では随分前から知られていたシソが一番有効なようです。

心配な方は早速、日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング

鍼灸治療専門