膵臓がん4割、治療前に「末期」

膵臓がん
 がんの病期は0~4期に分かれ、数字が大きいほど進行している。膵臓がん(1万4482例)は4期(43%)と3期(13%)、2期(27%)で計8割を超し、診断時点で進行している患者が多かった。

 

膵臓がんも症状が出にくいと言われているものですからこのような結果になっても不思議はないですね。

鍼灸師になりたての頃に初めて診させて頂いた癌が膵臓がんの患者でした。いろいろと思い出すことはありますが今は何よりも早くガンの治療法を確立してほしいものです。

Add a Comment

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾