症例報告48 (むずむず脚症候群 レストレスレッグス症候群)

このブログの症例報告では私がこれまでに診てきた患者さんの症例について色々と書き連ねて行きたいと思います。 もちろん、本人の特定は出来ないような内容でお送りしますので抽象的になる部分もあると思いますが、同じような症状にお悩みの方の一助になれば嬉しく思います。
 
30代 女性
出産後、授乳期間において悪化。 寝ようとすると足だけでなく時に背中や腕にもむずむずがでて眠れない。
病院では足ではない所に症状が出るので「ムズムズ病では無い」と言われたらしく来院。 よくわからない診断基準ですが まぁ、むずむず病でしょう。 2度の治療で症状は落ち着き、寝られるようになっているとの報告を受けました。 今は自身でセルフケアしてもらっています。
ただし、この病気の原因などから、どう考えてもこれで治ったとは思えません。 体調によっては再発するでしょう。 症状が出てから来院するのか? 出ないように来院するのか? これは患者さんの考え方次第ですが、完治をめざすなら定期的に来ていただきたいというのが本音です。 体調が崩れてからでは同じ治療が効くとは限りませんし、往々にして時間も長くかかってしまうものです。(*^^*)
 

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾