症例報告10 PTSD

PTSDとは「心的障害後ストレス障害」のこと

 

命に関わる恐怖を感じる体験、ショッキングな出来事、人としての尊厳を踏みじられるような出来事などを体験したり、目撃したりすると起こる心の病。 症状が似ているパニック障害と間違えられやすいがPTSDには原因となった出来事の存在と、そのフラッシュバックが起こる。

 

50代 男性 アメリカ人。 退役軍人で戦争時の記憶により発症したPTSDと診断される。心身症の診断も下っていて精神疾患と合わせて体の痛みを訴えていた。 特に背部痛が強い。心身症の方は背部痛を起こす確率が高いように思う。 週に一回。一ヶ月ほとの治療で緩和はしたとのこと。 帰国の期限により治療は中断。アメリカでお灸を自分でしてもらうように指示した。

基本的に心身症は治療に時間がかかるのでこの方には気長に頑張って欲しいです。少しでも症状の改善があることを祈っています。

 

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾