タイトルの質問を現場の方達に投げかけると
全体では大体、6割ほどが2割に引き上げるべきと答えたようです。
 

内訳は…

開業医 53%
勤務医 71%
歯科医師 50%
看護師 57%
薬剤師 71%
その他の医療従事者 72%
となります。
まず、開業医と勤務医で20%もの開きがありますね。 歯科医も開業医とほぼ同じ立場の方が多いと考えると納得がいく数字です。
他のものは雇われている可能性が高い業種ですから、これはライセンスごとの認識の差というよりも経営に携わっているかどうかの差が大きいように思います。
現実的にはいずれ2割に上がるでしょうが、メリット・デメリットをよく考え、医療難民が出ないようにして欲しいものですね^^

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング
鍼灸治療専門