ティラピアの皮でやけど治療

http://gigazine.net/news/20170523-tilapia-bandage-burn-skin/

ブラジルで行われている治療みたいです。 

ひどい火傷はに日本でも皮膚移植を行います。普通は自分の皮膚、または他人の皮膚、せいぜい豚の皮膚くらいみたいですがティラピアというお魚の皮膚を移植することで治りが早くなるというものですね。 回復に必要なコラーゲンが人間のものより多いのだとか…。 卵の薄皮を傷に貼ると治りが早いというのと通じるものがあります。

早く治るのは良いですがこの見た目はなんとかならないのでしょうか? まるっきり半魚人です。 まぁ、ある意味ではカッコイイですけれど(笑)

他のお魚の皮膚ではダメなのかな?と言う疑問も湧きます。自分が火傷してしまったら適当な鮮魚を買ってきて試してみようかと思います。 変なバイキンがついてると嫌だから湯引きしてから…。 とかやってると絶対ダメでしょうね(笑) 感染覚悟で生を貼り付けるか、悩みますねー

タグ:,
松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾