ツボ生活のススメ81(厲兌)

「れいだ」

足の陽明胃経の最後のツボ 井穴です。

厲は荒く研ぐこと。激しいこと。鋭いこと。励ますこと。災い、病のこと。

兌は穴のこと。その穴から抜け出ること。喜び、安心すること。八卦の一つでもあります。

 

いろいろな意味にとれますが激しい病を治す穴ということでしょうか?

井穴全体としては心下満を治すとされていますし、厲兌自体は頭から足まで様々な病に応用可能です。

ざっくりしていますが効きそうな名前がついていますね^^

タグ:
松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾