浅焙煎のコーヒーに特定の癌への予防効果

が高いと米国・カリフォルニア州立大学の研究が発表しました。

 

特定の癌とは

結腸腺がん

舌扁平上皮がん

の2つ。

 

シナモンローストにしたものが他の焙煎度のものと比べて、

総フェノール含量 (没食子酸とコーヒー酸)が最も多かったとのこと。それに伴い抗酸化活性も高い状態にあり、結腸腺がん 舌扁平上皮がんの細胞株は有意に抑制されたようです。

 

シナモンローストって?

このくらいの焙煎度らしいです。

コーヒーには生豆から8段階に分けた焙煎の深さがあります。

1 ライトロースト
2 シナモンロースト
3 ミディアムロースト
4 ハイロースト
5 シティロースト
6 フルシティロースト
7 フレンチロースト
8 イタリアンロースト

ライトが一番焙煎が浅く、イタリアンになるに従い深くなります。 焙煎が浅いほど香り、甘み、酸味が強く、深いほど苦味が増して色もだんだん黒くなっていきます。シナモンローストはシナモン色だから着いた名前だとか。

シナモンローストまでは生豆の青臭さが残っています。

ミディアムローストの別名はアメリカンロースト。 アメリカンコーヒーによく使われます。

ハイロースト以上が日本で好まれるコーヒー。苦味が増しています。

シティローストは日本だけでなく北欧でも人気。

フルシティローストからはコーヒー豆の表面に脂がでてきます。

フレンチロースト以上はアイスコーヒーやカフェオレなどに。

 

私は恐らくこれまで飲んだことのない浅焙煎コーヒー。 興味津々です(笑)

 

 

 

 

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング

鍼灸治療専門