腰痛の原因に疑問を持つ医師

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00203176-diamond-soci&p=1

ヘルニアや脊柱管狭窄症による痛みとされるものが実はそうではない。ということを医師が言及していますね…。

我々の立場からすれば今更感がありますが、実際にそのような病で起こっている痛みならば鍼灸で痛みを治せるわけがないのです。だって、鍼でヘルニアや狭窄部分を突っついてもみるみる変形が治るわけがありません。しかし、痛みが取れてしまっている現実を見れば当たり前といえば当たり前のことです(笑)

医師がこのような発信を行うようになったのは良いことでしょう。どのような医学も万能ではなく、できないものはできない。ダメなものはダメなのです。 原因を取り違えていては治る可能性は低く、もし治ったらそれは偶然。まぐれ。運が良かっただけです。

立場を変えて鍼灸師も「ムリなものはムリ」と潔く認めなければ行けないと思います。今回の腰痛はたまたま鍼灸ならば西洋医学よりも治しやすい疾患だというだけで、疾患が変われば圧倒的に西洋医学が有効というものも当然あります。 腕や手技によって効果の差はあるでしょう。しかし、基本的に外科手術に変わる物理療法はありません。何かのものが壊れたり、形が変わってしまったことが本当にその症状の原因ならば治療するには外科手術しかありません。

判断するのに厄介なのは、症状を出しているものが見つかった原因そのものによるとは限らないことです。 例えば、脊柱管狭窄症を持つ人の腰痛だって狭窄症があることからの2次的な原因によるものかもしれません。 または、全く別の原因かもしれません。 狭窄症を持っている人だってぎっくり腰にもなれば、結石にだってなります。腰痛を起こす原因はもっと紛らわしいものもいろいろ有るため、判別ができないと見当違いの余計な治療が必要になってしまうのです。

病名や症状にかかわらず、西洋医学、東洋医学の垣根なしに情報を共有し、患者が治療を受けられるようになると素晴らしいですね^^

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング

鍼灸治療専門
松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾