美容と健康 ~ダイエット~⑤

1










ダイエットで太る

世の中にはいくら食べても太らない人がいますがそっちの方が美容と健康を考えた場合に問題が大きいです。

これは食べて太る人は食べても太らない人より栄養をしっかり吸収して蓄える力があるわけですから健康な体だということなのです。



健康に太るたためにできること。

 ゆっくりよく噛んで食べる。
 たべたら歩く
 ちゃんと出す
 ちゃんと寝る

あれ?! 痩せる場合と同じですね。

食べる1
















しかし、同じことを行っても体に起こる作用と変化が違ってきます。

 ゆっくりよく噛んで食べる。
太れない人はそもそも消化吸収能力が弱い事が多いです。すぐにお腹を壊すとか、少し食べると胃がもたれるとか、体が重くなるとかが起こります。なのでよく噛んで胃腸の負担をなるべく減らしましょう。

 たべたら歩く
歩くと胃腸が元気に動きます。もともと太れない人は胃腸の働きが弱いのでしっかり歩きましょう。胃腸がしっかり動くとお腹が減ります。そうすると自然と食べる量も増えるものです。

 ちゃんと出す
食べたものが残っていると体にとって大変な負担になります。出口で詰まっているのだから胃腸の動きが正常になるわけは無いですし人によってはお腹が張ってご飯が食べられなくなっていきます。

 ちゃんと寝る
寝てる間に成長ホルモンが出るのでしっかりと寝ないと育ちません。大人でも寝る子は育つんんです^^


同じことをしてどうして全く別のことが起こるのか? これが体質の差です。

体質は生まれ持ったものもありますが日々の生活でだんだんと変わっていくものです。つまり、努力すれば痩せやすくも太りやすくもなるという事です。

体重は健康のバロメーターとしての役割もあります。適切に管理して健康で美しい人生を送りたいものですね(*´∀`*)

Add a Comment

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾