瞑想

瞑想(めいそう、英:Meditation)とは、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。  Wikipedia

 

健康維持の一つとして行っている方も多いと聞きます。 科学的な研究では不安 鬱 緊張 恐怖などの状態を改善するとされ、脳では灰白色領域の増加により記憶、学習、感情調節の増加。 扁桃体領域の減少により血圧と恐怖の低下など実際に脳波としての変化が起こるようです。 その他、免疫の賦活やテロメアの復元などが起こるとも言われていて癌 糖尿病 心臓疾患などの予防に役立ちます。 但し、病になったものを治す効果はあるとは言えません。あくまでも健康維持による予防です。

 

心、精神と体は繋がっていますから瞑想によって体の変化が起こる事は十分に考えられます。 感情は体調を悪化させる一つの要因でもあります。 日頃の治療を行っていて患者さんの感情や思考が回復の妨げになっているだろうと思える人も居られます。 瞑想が直接病を治したりはしないでしょうが、回復の手助けやきっかけになることはあるでしょう。 そのような場合、病を持つ人の心の有り様を変えられるのなら十分な意義があると思います。

宗教的な意味や非科学的な側面も持つと思われる瞑想ですが、例え一瞬でも無心になること。 恐らくは体の自己防衛反応として自然に誰でも行っています。自分がそれに気づけるかどうか。意図的に行うかどうかが瞑想なのかタダぼーっとしているかの差なのかもしれません(笑)

 

 

 

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾