痩せ鍼、耳つぼダイエットをどう思いますか?

耳つぼに代表される「痩せばり」 これも前回の美顔鍼灸と同じ様に一種の流行りです。

貴方は実際によく見かける広告通りの効果が鍼灸だけで出ると思いますか…?

実は、一部効果を出せることがあります。 しかし条件付き。

 

痩せる。 この言葉は人によって使い方が違っています。 大きく分けて、体を引き締めたいのか?それとも体重を落としたいのか?です。

体を引き締めたいとなると、運動以外に最大の効果を出せるものはありません。 筋肉をつけ脂肪を落とせば必ず体は引き締まります。 他の方法で体が引き締まったのであればそれはほとんどの場合、浮腫がとれたのでしょう。

 

体重を減らすのであれば先ずは食べる量を減らすことです。 よく私はそんなに食べてない。水を飲んでも太るという事を聞きますが、何かホルモン系のなどの病気でない限り、体重が増えてしまうということは必ず結構な量を飲み食いしています。 自分の食事量が多いのだと自覚がないだけ。 これは酔っぱらいの「酔ってない」2型糖尿病患者の「食べてない」なみにあてにならない言葉です。 単純に摂取カロリーが消費カロリーに対して多いから体重が増えるのです。

耳つぼは耳を刺激しこの食欲を抑える効果があると言われます。 但し効いたとして、どんな人にも抑制に働くのではなく食欲を正常にするだけです。そのため病的に食べ過ぎる人は食欲が減ったように感じますが、もともと食べる量が少ない人にとっては逆に増えます。 ただ耳を単純刺激するだけなので亢進や抑制などの狙った効果を意図的に出すことは難しいです。刺すだけ。貼るだけという単刺激では技術の入る余地はまったくありませんから、耳つぼという手技に体調がたまたま合った人には効果があり、合わない人は無効です。

 

では全身に鍼をして痩せようとする「痩せ鍼」はどうでしょう?

鍼灸による浮腫み取りは可能なので結果的に体が引き締まる事はあります。

体調がよくなり、排泄が上手くいき活動的な生活になれば消費カロリーが増して結果的に体重を減らすこともできます。

当然どちらも食事を控える。運動するというような自己努力は存分にして頂く必要があります。好き勝手な生活をしていて効果が出るほど都合のいいものではありませんから。

 

どれも健康体を目指した結果そうなるのであって 弛んでいる 体重が重い というものを直接狙うものではありません。 どこまでいっても鍼灸は医療なので美容に対して直接のアプローチはさほどの効果を生みません。 なので、短期的、表面的に美しくなりたいというのであればコスメやエステ、美容整形などにでも励んだほうがよっぽど効果があり納得できるはずです。ただ短期的に痩せたいなら脂肪吸引や下剤服用など強引な手段の方が目に見えて効きます。 鍼灸で美容効果を出したいという人は地道な努力を行った上、長い目で見てアンチエイジングしたい。老化を遅らせたい。 健康で自然な美しい状態をできるだけ維持したいと考える人向けのものでしょう。

貴方は耳つぼダイエット、痩せばりでダイエットしようと思いますか? この記事をみてもやりたいと思うのであればどの鍼灸院にいっても親身になってもらえるはずです。 きっと貴方の持つ悩みは表面的な美容などでは解決しない深いものなのでしょうから…。

 

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾