このブログの症例報告では私がこれまでに診てきた患者さんの症例について色々と書き連ねて行きたいと思います。 もちろん、本人の特定は出来ないような内容でお送りしますので抽象的になる部分もあると思いますが、同じような症状にお悩みの方の一助になれば嬉しく思います。

 

30代男性

病院で群発頭痛の診断をもらっていて薬を処方されていますが効きが悪いとのことで来院。 数年前から症状があったようですが、最近になって痛みが強くなったために鍼灸治療に踏み切ったそうです。

さて、鍼灸での頭痛治療は比較的ポピュラーです。 治療をすれば我慢のできない痛みというものはその場でかなり緩和されます。 ただ、経過の長いものはそれなりの治療期間をかけないと治りません。

患者さんの話だと治療直後は「痛みが全体的にぼやけた感じ」と言われます。 繰り返し治療を行うことで痛みが軽減したり、群発期の間隔が空いたりといった経過を経て、知らぬ間に再発しなくなります。

もちろん、生活習慣の改善は必須です。 原因の特定はできていない病気ですが、少なくとも脳(視床下部)の機能異常がおきているものなのですから、治療しても魔法のようにすぐ治る類のものではありません。 患者と治療者の協力が必要です。

 

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング

鍼灸治療専門