このブログの症例報告では私がこれまでに診てきた患者さんの症例について色々と書き連ねて行きたいと思います。

もちろん、本人の特定は出来ないような内容でお送りしますので抽象的になる部分もあると思いますが、同じような症状にお悩みの方の一助になれば嬉しく思います。


坐骨神経痛も鍼灸治療で診る機会が多いものです、そして意外としぶとい病気です。 治療して痛みが止まってもすぐにぶり返すことが多いです。 これは患者さんの生活に関わることが一因になっているためで治療とともに生活指導を行い改善して頂かないといけません。

50代 女性 数年間に渡る坐骨神経痛。最近耐えられなくなって来たので治療に来たとのこと。

この方の原因の1つに酒の飲み過ぎがありました。スナックのママであったので仕事で随分飲んでいたようです。 飲む量を減らしてもらいたかったのですが一向に聞き入れて貰えずに治療に苦労しました。
一応、応急処置的に痛みを抑えることに専念しそれなりの効果は出たようですが、今回のように原因を取り除けない場合は治すことは困難です。 治療の時間と回数をかけるか。それとも原因を取り除くか。 ご本人が決めれば良いですが、治療する側としては生活は改めて欲しいと切に願います。ちゃんと治療すれば治るものなのですから。

コメントを残す