症例報告24 (圧迫骨折)

このブログの症例報告では私がこれまでに診てきた患者さんの症例について色々と書き連ねて行きたいと思います。 もちろん、本人の特定は出来ないような内容でお送りしますので抽象的になる部分もあると思いますが、同じような症状にお悩みの方の一助になれば嬉しく思います。

 

原因は交通事故だったり、老化であったり、転倒だったりと様々ですが、骨や靭帯の強さ以上に外力が加わると起こります。基本的に他の骨折と同じですが、基本的に背骨(椎骨)に起こったものを指します。 骨が潰れた!!として骨粗鬆症になるとよく話題に登りますね。

img_2-7

 

 

 

 

 

 

 

 

折れたり、潰れたりした骨は時間が経たないと治りません。 骨折が癒えても多くは変わった形がもとに戻る事もありません。

 

しかし、鍼灸治療によって治りは早くなり、後の痛みも止まります。 骨が潰れているから痛いというのは単なる思い込み。痛みだけは取れることがあります。

 

60代女性。 交通事故の後に腰痛が止まらず病院へ行くと圧迫骨折と診断される。

鍼灸治療を行い一度で痛みは半減する。 5回ほど行なうとかなり改善したようで来なくなられました。 できればその後の容態を教えて欲しいものです。

このブログを見てこられた方は是非、その後の報告はしてくださいね。ぷつんと来なくなってしまい治した結果が解らないのは治療家として寂しいものです^^;

 

Add a Comment

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾