症例報告1 頭痛

このブログの症例報告では私がこれまでに診てきた患者さんの症例について色々と書き連ねて行きたいと思います。

もちろん、本人の特定は出来ないような内容でお送りしますので抽象的になる部分もあると思いますが、同じような症状にお悩みの方の一助になれば嬉しく思います。


20代 男性 夜も寝られず発作時は柱に頭をぶつけて痛みを紛らわせるほど酷いものだったよう。 頭痛の他にも重視、背痛、羞明などから恐らくは偏頭痛と群発性頭痛が合わさったものと推察できる。初期は週に一回。程なく2週に一回の治療となり少しずつ治療期間を伸ばしていった。開始時より頭痛は大幅に改善しほとんど出ないものの羞明、重視はしばらく続いていた。、現在はそれらも改善し再発しないよう3ヶ月に一回程度の定期的なメンテナンスとしての治療を行っている。


若くて体力もあったので比較的治りが良い患者だった。基本的に頭痛は内科系なので私の得意分野。◯◯が痛いというのは治療の効果が分かりやすいので患者にも喜んでもらえる。

タグ:,
松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾