現代人の本願?! 「ぴんぴんころり♪」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171123-00023619-president-bus_all&p=1

 

首都大学東京の教授が書いている「ぴんぴんころり」するための記事。 

Yahooのニュースは結構すぐに削除されてしまうので忘備録的に抜粋しておきますと…。

 

簡単に病院には近づかないこと。 けど、歯科医はかかりつけを持つべし。

日本人は病院が安全と思っている。 「病院に行けば安心。なんとかしてくれる。」そう思っている人が多いようです。人口あたりの日本の病床数はアメリカの4倍ほどあり、いつでもすぐに入院できる環境にあるはずですが実際には不足していると言われています。 それだけ日本人は病院が好きな訳です。 病院に入院して「なんとか」してもらった結果、寝たきりになり「ぴんぴんころり」とはいかなくなるのが現実です。 病院になるべくかからないで自分の健康は自分で守り、治すという気概のある人がぴんぴんころりを達成できるのだそうです。 

EU各国の皆さんの認識としては病院はできれば近づきたくない場所だそうです。 EUの公式資料によれば病院の医療事故で死亡した人数は年間約15万人。そのため、EU域内に住む人の約53%が病院は危険なところだと認識しています。 日本の医療事故の実態は公開されていないのですが、薬害や医療事故は数十万人規模にも及ぶだろうと言われています。 日本人は薬が大好きな民族ですし、医師はお医者「様」という文化?なので、薬害に対して鈍感なのか、もしくはお医者様がやることはやってダメだったのだから仕方ない。と諦める人が多いのかもしれません。 公式発表していないところに日本の医療の闇の深さを感じますね゚┐(´д`)┌ヤレヤレ

要するに、ぴんぴんころりと行きたければ基本的に自分の健康は自分で管理しなさい。 他力本願はダメということです(笑)

但し、歯科医にだけはかかるべきです。 虫歯や歯周病などにかかると歯を失い、様々な体の弱りや不調を招きます。 歯周病はともかく、虫歯は罹ってしまった後では自力でどうこうできないので潔く歯科医のお世話になりましょう。 できれば虫歯になる前から定期的にケアするのがベストです。

 

 

自力でぴんぴんころりするための生活習慣についても触れられています。

週に一回は運動しよう。

質の良い睡眠を取ろう。

朝食を食べよう。特に発酵食品。

禁煙。

適度な飲酒 飲まない人より少し飲む人の方が良いらしい。

小太りでコレステロールは高め。 コレステロールは免疫細胞や細胞膜の原料です。無理に下げると死亡率UP。

水や空気はキレイな所へ住む。発がん性のある揮発物質が出る家なんてもってのほか。

強い寒暖の差を受けない。 冬季の風呂やトイレには気をつけよう。

心を健康に。 生きがいを持ち社会と積極的に関わる。

 

…概ね同意です。東洋医学にも未病治が最良であり、西洋医学でも予防に勝る治療はないと言われています。本来、鍼灸などはこのような予防意識の高い人にこそ日常的に使っていただければとても良い効果を出します。 

一応私見を述べると、「ぴんぴんころり」したいからと言って病院拒絶などは止めてくださいね。 現代医療の恩恵は受けられるだけ受けるべきです。 しかし、ほどほどに。 安易に医者にかかるのも考えもの。 この塩梅がなかなか難しいのですよね(笑)

 

 

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾