昼寝をしよう♪

体調管理の1つとして昼寝があります。
どんなに夜しっかり寝ていても昼間に眠くなる時間が必ずあります。
それは主に昼食後。
この時間に昼寝をするかどうかで午後の体調や仕事の効率が変わってきます。

 
昼寝時間は20~30分以内を目処にします。
これは睡眠のリズムを考えた場合に深い睡眠に入ってしまうのを防ぐためです。
深い睡眠「ノンレム睡眠」に入ってしまうと覚醒に時間がかかるため昼寝した後に重だるい感じが残りかえって仕事の効率が落ちます。
 

これは人間の平均的な睡眠リズムですが当然その人や環境によって誤差があり時間も異なります。
なので自分にあった昼寝時間が必要になってきます。
眠りに入って30分以内を目処にして起きるのが基本ですが、後は試行錯誤して程よい時間を見つけてください。
 
深い睡眠は一日で起こる時間がほぼ決まっていますので昼間深く眠ると夜の不眠に繋がることもあります。

眠りが浅いとリフレッシュ出来ないこともあります。
 
起きた後は少し体を動かすなどしてしっかりと目覚めてから仕事にとりかかってくださいね^^
 
 
 
 
 

タグ:,
松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾