新型コロナウイルス (COVID-19)はタダの風邪?

初期からこういった意見は散見されていましたし、ずっと根強く残っています。それはそれで良いと思うのです。ウイルス拡散にも限界や特性がありそれを知っていれば無闇矢鱈に恐れる必要はないはずですので。今出されている二回目の非常事態宣言はそれを踏まえてのものだと言えます。

しかし、タダの風邪だと主張する人は概ね「かかっても大したこと無いから平気」という楽観論を持っています。 これはこれで危険でしょう。

タダの風邪って非常に曖昧な表現です。風邪症状を起こすウイルスは多様であり、それが治療法が確立しない原因の一つともなっていますが、少なくとも日常的にかかる風邪の場合、その原因になったウイルスの抗体を既に持っていることが圧倒的に多いでしょう。 新型ウイルスはその抗体がありません。抗体がないということは免疫応答が十分にされなかった場合、予期せぬ症状や後の後遺症を起こす可能性が高いということです。

例えばSARSやMARSなどもコロナウイルスです。今となっては発生から時間が経ったので新型ではないですが、当時は新型だったでしょう。たまたまウイルスの特性、発生場所、拡散が限局的だっただけにすぎません。派手な症状と致死率が高いとの触れ込みで恐ろしいイメージがつきました。 しかし、SARSなどでも大半の人は死にません。重篤化する人も一部です。

 COVID-19と同じコロナウイルスの類で同じような呼吸器系疾患系の病。本当に大雑把なくくりで言えばSARSもMARSもタダの風邪といえますか…?!

新型コロナウイルスCOVID-19はSARSなどと比べれば致死率は低そうです。しかし、普段かかるタダの風邪と比べると高そうです。 しかし、健康で体力のある人はどちらも、そう簡単には死にません。 

結局、タダの風邪だという人もやたらと怖がる人も本人の持つイメージ。思い込みに支配されているだけということです。

現代日本人は栄養状態も良く、予備体力も十分にある人が多いので多少の感染には耐えるでしょう。もし、重篤化しても医療が発達しているので救命の可能性も十分にあります。 おそらく新型コロナウイルス COVID-19は日本でも何年もかけて広まり、そのうち皆さんの身近な人も感染するでしょう。その時、ほとんどの人は死亡することなく回復するはずです。 そうすれば「大したこと無いな」とタダの風邪だと思う人もふえるでしょう。

しかし、一通り感染が広がるか、ワクチン摂取が進むまでは抗体を持たない人が大量にいることは変わりません。警戒するに越したことはないのです。そして、何年も経って十分に集団免疫がつけば名実ともに COVID-19はタダの風邪になることでしょう。

その時、タダの風邪なら人に感染させていいか?蔓延させていいか?という問題もあります。普通に考えて駄目に決まってます。  COVID-19についてどう思っても本人の自由ではありますが、結局のところ感染予防はしなきゃいけないってことですね(笑)

さて、漢方では風邪という病気の範囲は西洋より広く捉えられます。そして風邪にも種類があると考えています。 その中の代表的な傷寒という病は現代で言うタダの風邪からインフルエンザなど多種の病を含んでいるものと考えられています。この傷寒は多様な症状を起こし、過去に大量に人を殺しています。

ちゃんと知って欲しいことがあります。

タダの風邪でも人は死にます。

身近にこんな病気で?!という感覚の死を迎えた人がいる方はご納得頂けると思います。

風邪は万病の元。予防に勝る治療なし。 COVID-19もタダの風邪も同じことで侮っては駄目です。

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング

鍼灸治療専門
松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾