新型コロナウイルスワクチン

国民全員のワクチン確保へ~というニュースが出ていましたが、コメントの殆どが否定的という…(笑) 気持ちはわかりますけれど。

今回の新型コロナウイルスに関してのみに限らず、感染症対策にワクチンの効果はあるはずなのですが、それは目に見えて分かりにくいという特徴があります。ワクチンを摂取したからといって病に罹らないわけではないし、摂取していれば重症化しないと言われても実際に同一人物で摂取した場合としなかった場合を比べることができないのですから。あくまでも他者を使った統計的な比較でしか語れません。さらに体にとって未知の異物を注入するため、副作用のリスクは絶えずある。今回のように急造のワクチンであればなおさらです。そのへんが否定派の論拠になっていたりもします。

じゃあワクチンは使ってはだめなのか?ということになるとそれは性急すぎる論調でしょう。人が未知の危機に対して過剰な反応を示すことは今回の新型コロナウイルス騒ぎでも明るみに出たことですがワクチンに対しても同じことです。未完成で不確定要素が多いとはいえ一応、現代科学の粋を集めて作った薬ではあるのだから多少は期待もできると言うものです。 一部の感染症は確かにワクチンの使用でほぼ効果を認めることができますし、今回もなんの根拠もないものを勧めているわけではないはずです。冷静に考えれば今回のワクチンも有用性があるかもしれません。

とはいえ、今は「効果はわからない」というのが事実。

コロナ感染のリスクとワクチン摂取時副作用のリスク。これを天秤にかけて個人がどちらを取るかを決めるようにできるのが良いのですが、ワクチンはその特性上、多くの人が受けなければ社会的な効果は発揮しないのでどれだけイメージを良くして理解を得られるか?個人に対する実際の防疫効果を出せるか?が大切ですね。

ただ、今回のコロナ騒ぎはメディアの煽りすぎによる過度な社会不安が起こっているように思えてならないのでワクチンが本当に必要な病なのかというところから考える必要があるとも思えます。  なんにしてもワクチンの効果がどう出るか楽しみです。

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m
この画像には alt 属性が指定されていません


健康と医療ランキング

鍼灸治療専門
松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾