妊娠時のつわり、流産リスク低減に関連

アメリカの研究で「吐き気」や「嘔吐を伴う吐き気」が、妊娠損失リスクの50~75%低下に関連という結果。

 吐き気と嘔吐が妊娠損失リスクの低下に関連していることは、過去の研究でも示唆されていた。
食事摂取量の減少が血中インスリン濃度を低下させたり、胎盤の成長を促進したりするとみられる。

 

 

面白いですね。生物の体は良くできています^^

東洋医学的に考えても十分納得の行く説明。これからの治療に役立ちそうです。 けど、吐き気は苦しいので程々に抑えないと(笑)

Add a Comment

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾