口コミはヤラセだらけ。

特に我らが治療院業界がヒドイようです。エキテン、グーグル、ホットペッパーなど様々な口コミがネット上に溢れていますが、ほぼ全てがヤラセと思って良いのではないでしょうか?

口コミは本来、患者さんが自主的にそのお店を応援しているか、よほど良い思いか悪い思いをした人の中のごく一部の人が書いて発生するのが自然です。 普通のサービス。 普通の結果。 普通の印象などではわざわざ時間を割いて口コミを書こうなどと思うのはごく限られた人だけでしょう。

否定はしません。

口コミそのものは否定しません。ウチだって口コミは大切な集客手段ですから。 インターネットという強力で誰もが行うのが当たり前になっている宣伝は使うべきだし、使うしかありません。 それでも過度に誇張した口コミは詐欺に近いです。 治療院そのものの為にも、患者さんの為にも、業界全体の為にも過度なウソ口コミは即刻止めるべきでしょう。

口コミが増える理由

患者さんにお願い

来店した人に口コミの記入をお願いします。 治療後すぐ、お店で口コミサイトのアカウントを作って投稿させたり、帰宅後に口コミを書いてくれた人にサービス券や割引クーポンなどを渡したりします。そういった行為で書いた口コミは良い内容以外書けないですねw

業者にお願い

口コミを外部業者に委託します。お金で買っているのでガンガン増えていきます。

自分たちで書く

従業員やその近親者などが複数アカウントを取りまくって頑張って書きます。業務の一環ですね。

口コミの内容を疑え

気持ちよかった。いい先生。いい雰囲気。好立地系

無難ですよね。こういったことは感じ方に個人差があるのでウソになり難いです。というよりも、最低限の人格と技術、環境がないと治療業はやっていけないので当然といえば当然の感想かも。

効果はバツグンだ!系

この系統の口コミがやたらと多い場合は気をつけたほうが良いかも?治療業はそんなに簡単に効果が出るほど甘い世界ではありません。たくさんの患者を診ていればすごい効果が出ることもありますが稀です。大体、そこかしこに効果抜群の治療院があれば患者はどんどん治って減っていきます。治療院だけでなく病院でも同じことで現実にそうなっていないということは…。

不快な思いをした。ひどい目にあった系

恐らく真実の口コミである可能性が高いものです。ヤラセで悪口を書く理由はほぼないですし。全てがうまくいくなどありえません。本来有ってはならないことですが、たくさんの人を診ていれば失敗もあるし印象が良く思えなかったり、関係の縺れが起こることもあります。自然なことです。

口コミは宣伝

医療は確実な効果を保証できないものです。なので医者であっても「治してあげよう」と安易な言葉をかける人は殆どいません。治療院の場合、治療すれば確実に治るという夢をみせているのが宣伝ですから、いかにも特別で貴方の体に効くような方法や理論を使っていると宣伝してきます。しかし、確実な効果など絶対に起こりません。どんな理論も方法も可能性の一つに過ぎません。

但し、高確率で高効果の治療ができる方法があります。それは自分が治せる簡単な病態の人だけを診ること。例えばぎっくり腰。症状が派手ですが意外と簡単に治ります。このように簡単に治るものを得意として、そればかり診ていればある意味での名人です。口コミも良いものばかりが大量に集まることもあるでしょう。 

しかし、治療家目線でみた場合、それば治療の腕が良いと言うよりも経営が上手いという部類です。すごい効果でる病態(簡単な病)は誰が治療してもすごい効果がでます。逆に難しい病(慢性病)は誰が治療してもすぐに治ったりしません。そして本当に上手い人は難しい病を治せる治療家です。

皆さん、きっと口コミなんて真に受けてはいないはず…。と思いつつも、書かれてあることをそのまま信じてしまう人がいるのも事実。この記事でそういった方の口コミを見る目が変わってもらえると書いた甲斐があります。

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m
この画像には alt 属性が指定されていません


健康と医療ランキング

鍼灸治療専門