良くも悪くもその人の人生を決めるのは体質です。

今現在が病気だろうが健康だろうが体質によって人は生活を自分にとって、より快適なものに工夫しているでしょう。 食べ物も買い物も、いつもの考え方ですら、生活の全ては体質が知らず知らずのうちに関わり判断基準に影響を与えています。

もちろんそれが快適だというのであればそれで良いでしょう。 しかし、このページにたどり着いた方はおそらく今の自分の体質が嫌いなのではないでしょうか? そして、できることなら体質を改善したいとお考えではないのでしょうか?

体質はたとえそれがどんなものでも、きっかけと努力で変えられるものです。

 

冷え性体質

イメージとしては女性に多いと思われがちですが、実は男性にも多く存在しています。 また、年を取ることによって段々と冷えに弱くなっていくのが普通ですが、若い頃からとくに冷えに対して敏感な人は体質として固定してしまっているのかもしれません。

冷え性の体質を持ち続けると様々な体への影響があります。 真偽のほどは確かではないですが低体温は癌体質だとも言われます。 その他にも便秘や下痢、月経痛などの様々な病の原因となったりするとされます。

昨今は体を温めることがブームになることもあり冷え性体質というものは世間にかなり認知されてもきました。 ただ、冷え性体質だから体を温めれば治るのかと言うとそうではなく、こういった体質になったもっと根本的な原因があります。

冷え性を治すことは、今の生活を改善するだけでなく将来的な健康の維持にも関わります。冷えるというのは辛いものです。 冷えで悩んでいる人は一度本気で体質の改善を考えた方がいいかもしれません。

 

体を温めよう

冷えに対する治療は温めることが大前提ではありますが、だからといってただ単に体を温めれば治るというものではありません。しかし、冷えている体をさらに冷やすことは避けなければなりません。これは感覚的に治療の面で当たり前だというだけでなく、さらに冷えてしまうと本人の辛さが増しますから。禁忌です。

 

治そうとするなら温めるのと同時に体から冷えを追い出す何かを行わなければいけません。 その追い出し方は人によっていくつかパターンがあるようです。

 

いずれにしても今の生活習慣を変えたり、摂生をするということが必要になります。一朝一夕で効果の出ることではありませんから 気長に行う必要があります。

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング