今日のニュース 喘息

 Yahoo!NEWSより引用

ぜんそくは気管支などが炎症を起こし、気道がふさがって呼吸困難を引き起こす。アレルギー反応を起こした病原性免疫細胞が血管の外に出て、炎症の原因となることが既に判明していた。

 研究チームは、この免疫細胞が血管の外に出る仕組みに着目。アレルギー反応によって血小板から放出される「ミル9分子」というたんぱく質が血管内側に付着し、免疫細胞の通り道を作っていることを突き止めた。ミル9分子の働きを止める抗体を作ってぜんそくのマウスに投与したところ、免疫細胞が血管の外に出なかったという。このたんぱく質の働きを止める抗体を投与することで根本的な治療が期待できるという。

 

これって確かに喘息の症状は抑えられるけど体自体はアレルギーのままでは? 根本治療ができるような表現になっていますが果たしてどうなのでしょう?

医学は日進月歩。 しかし誇大発表や発表後立ち消えするものも多いので期待せずに期待しましょう^^

Add a Comment

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾