マイオカイン

最近話題のマイオカイン。 運動することで筋肉(骨格筋)から出るホルモンの総称です。

まとめて何種類もの物質が出てるので様々な効果があるとされている訳ですが、これはなかなか良い発見になりそうです。 健康志向のアナタ、製薬会社、サプリメント会社、食品会社、きっと国もいろいろな意味で興味津々ではないでしょうか?

効果は調べるとすぐ出てくるでしょうから、ちょとした内訳だけ記載します。

 

循環器  主に心、血管、血圧の安定など

消化器  大腸の細胞(癌)のアポトーシス亢進など

内分泌系 血糖安定など 

免疫系  免疫機能の亢進。 癌予防など。 

神経系  鬱、アルツハイマーなどの予防など。

 

これって結局、若返りってことですね(笑)。 若いということはすべての病に耐性が強く、全ての細胞が活動的で体調が安定していますから…。  マイオカインは運動することで出て来るものと言われています。特に下半身の筋肉から出るとされていますから歩くのが良いってことです。 

いろいろと難しい言葉で説明されていますが、マイオカインの発見は有酸素運動的に行うウオーキングが健康に良いことの科学的な一つの証明ということでしょう。

 

たくさん有るマイオカインの物質の中で一つこれは?!と思ったのが「AMPキナーゼ」と言うものです。

なんと、血糖値を下げるとのこと。

これまで血糖値を下げるホルモンはインスリン以外にはありませんでした。 何だかあまり騒がれませんが、これは大発見のはずです。 運動したら血糖値が下がる。こんな当たり前のことがAMPキナーゼのせいだったということなのかも知れません。

そのうち「AMPキナーゼ」を活用した血糖値コントロール薬や技術が出て来ることにも期待しましょう。 それまでは皆さん、健康のために頑張って歩きましょうね(笑)

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾