かんたん?東洋医学 ⑯

なんでも端的に表すと嘘の部分が必ずまじります。  簡単に説明すると嘘の部分が生まれ、詳しく説明するとややこしくなる。 これはジレンマです。
なので簡単に説明してる記事はその全てを鵜呑みにはしないでください!!

Q 鍼灸師は気を使って治すのですか?

東洋医学は気の医学です。だから当然、使っています。 但し、ここで言う「気」というものが何を指しているかが大きな問題ですが、少なくとも私は多くの人がイメージする不思議パワーは使っていません。鍼灸は物理療法なので物理的刺激を使って治しています。
針刺激でなぜ治るのか?という疑問は西洋医学で解明されていないこともあり東洋医学側の説明を行うことで理解するしかないのですが、その場合に「気」の概念が非常に大切になります。 わかりやすく言えばここで指している「気」は大雑把に「作用」と捉えてもらえば間違いがないでしょう。
鍼灸は針刺激が与える作用で治し、投薬は薬が体に与える作用によって治し、外科手術は切ることによる作用で治します。 作用がなければ医療としての治療効果がありませんから存在価値もありません。 これは東洋でも西洋でも同じです。西洋医学には治療が及ぼす「作用」に独自の名前がありませんが、東洋医学にはある。それが「気」という名前です。

A 鍼灸師に限らず全ての医療は気を使って治しています。

もし、何かリクエストがある方はメールなどでご連絡頂ければ出来る限り「かんたんに」そのうち答えます。質問内容はなんでも構いませんが、私の独断と偏見で採用するかは決めさせていただきます。 当然、公序良俗に反するような質問は無視です(*´∀`*)

 
 
 

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾