まず、私が大切にしたいことは、当院が皆さんにとって身近で信頼できる場所でありたいということです。

昔は東洋医学が盛んで、鍼灸師は街のお医者さんとして今よりも身近な存在でした。しかし、今は鍼灸院と言えど西洋化の波には逆らえずに患者さんとの距離がどんどん遠くなってしまっています。これでは東洋医学として「個人を診る」ことができません。

体調不良を治すにしろ、体質改善を行うにしろ”患者さんを信じ” ”相手の信用を受け”、患者さんに今何が必要かを考えてその人に合った治療を行い、回復を助ける。そして「本当に効く」治療を行うために一つの流派や手段に拘らず、様々な考え方や方法を柔軟に取り入れるのが”街のお医者さん”「鍼灸師」として正しい姿であると思っています。 体やこころに優しく、気持ちよく、時に厳しくしながら患者さんと協力し「完治」を目指して二人三脚で治療をおこなっております。

このような方法にご理解を示して頂けるなら、きっと貴方は「自分の体をもっと大切にしたい」とお考えのはずです。そのような方は是非「仁塾」までおこしください。 ご自身の体の変化を感じることができるはずです。