症例報告38 疲労感

このブログの症例報告では私がこれまでに診てきた患者さんの症例について色々と書き連ねて行きたいと思います。

もちろん、本人の特定は出来ないような内容でお送りしますので抽象的になる部分もあると思いますが、同じような症状にお悩みの方の一助になれば嬉しく思います。

 

45歳女性

仕事で強い疲労感を覚え病院などでは回復しないために来られました。 原因はやはり仕事のやり過ぎでしょう。肉体労働であれ精神労働であれやり過ぎは体を痛めます。気だるさを主訴として来ることが多いですが大抵の場合、肩こり腰痛や頭痛など不定愁訴と呼ばれるものを大量に抱えています。 仕事を辞めたり休んだりすることが一番の治療でしょうが、これらに限界がある以上、治す方法は体の元気をつけるしかありません。 当然、回復に時間はかかりますが鍼灸の得意な分野です。 この方は一回目から効果を実感したようで今も継続治療中です。 随分と顔色が良くなってきてこちらも一安心です(^^)

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾