このブログの症例報告では私がこれまでに診てきた患者さんの症例について色々と書き連ねて行きたいと思います。

もちろん、本人の特定は出来ないような内容でお送りしますので抽象的になる部分もあると思いますが、同じような症状にお悩みの方の一助になれば嬉しく思います。


鍼灸治療に来る患者で意外と多いのが精神疾患。但し、ほとんどの人は心療内科などにかかっていて薬を止めたいというのが動機。副作用の心配と薬を飲んでもいつまでも改善しない苛立ちを抱えている人が多い。ドクターショッピングの一環として来る方も結構いるが今回の方は違っていた。

40代女性。心の不調と体調の不調を同時に抱えていて心身症、鬱の診断を受けてきた。しかし、本人は自分は鬱ではないと固く信じていて医者の診断に不満を持って鍼灸を行うことに決めたよう。


私の治療は週に一回、3ヶ月ほどで改善しました。 本当に鬱だったのかは解りませんが、薬は飲まず鍼灸治療のみで今のところ再発は無いようです。

「鬱は心の風邪」などと言いますが鬱も風邪も薬では治りません。症状を抑えるだけです。治すのは結局自分の体ですよ。

コメントを残す