症例報告18 低血圧

このブログの症例報告では私がこれまでに診てきた患者さんの症例について色々と書き連ねて行きたいと思います。 もちろん、本人の特定は出来ないような内容でお送りしますので抽象的になる部分もあると思いますが、同じような症状にお悩みの方の一助になれば嬉しく思います。

 

なんと、低血圧のちゃんとした定義はありません(笑)

医者の感覚?で決まっています。

 

日本では、最高血圧が100mmHg以下、または最低血圧が60mmHg以下になると低血圧という医師が多いようです。

 

そうなると大目に見て正常な血圧は最高100ー139 最低60-89ということですね。

 

まぁ、この数字に疑問はありますがタダの定義なのでこのまま話を進めましょう。

 

鍼灸院の場合、低血圧も高血圧の方と同じようにほとんどの人が別の症状で治療に来られて、一緒に持って来ているというのがほとんどですから治療中に安定する人、しない人様々です。 ただ、同じ血圧の異常でも高血圧より低血圧の方が時間がかかるような印象はあります。

 

低血圧は高血圧よりある意味恐いです。 殆どの場合、血圧は少々高くても直ぐにどうこうなりませんが、低いと直ぐに症状がでます。しかもそれは生命に関わることもあるので気をつけてくださいね^^;

 

 

タグ:

Add a Comment

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾