当鍼灸院は鍼灸の専門治療院です。

肩こり専門。膝の痛み専門。腰痛専門。頭痛専門など世の中には様々な専門治療院がありますが、特定の疾患や体の一部分にフォーカスするだけでは捉えられない容態があります。 特定の部分を細かく細かく見ていくものはある意味西洋的な考え方です。しかし、特に東洋医学では身体全体を見ることで部分を直すという考え方があり、その手法をとる場合に小さな部分だけを見ていては直すことができない場合が多いのです。

この二つには一長一短があり、必要に応じて使い分けることが大切です。そのため 当方は部分の専門とはならず、全体を診ることで治療を行う専門として鍼灸専門を掲げております。

 

日本における漢方(漢方薬、鍼灸)は中国から伝わり、独自の進化をして江戸時代にその最盛期を迎えた後、明治維新の際に時の政府が取った西洋化政策により弾圧を受けて滅びます。 その後、一定の復興は果たしますが、最盛期の知識や技術の中には失伝したものが多くあります。 そして、これは本場の中国でも同じような経緯を持っており、文化大革命の際に失われた東洋医学的な知識や技術は計り知れません。

現在の鍼灸は復興後の特定の流派や西洋医学的な知識からくる治療を行う治療院が大半であり、漢方独特の考え方や手法はとられていません。 現代中医学などのように西洋と東洋がミックスされたものも多くありますが、その内容の比率は西洋に重きをおいています。

これは時代の流れでもあるため「良い悪い」という話ではありませんが、漢方、鍼灸に効果を期待する人は現代西洋医学の効果、恩恵から漏れてしまった人が大半です。  そういった方にとっては現代西洋医学とほぼ同じ考え方である「西洋医学式東洋医学」の手法が病院での治療効果以上のものを出すとは思えません。

鍼やお灸は何も考えずに使っても一定の効果を出します。そのメカニズムは未だ解明されていませんが、古来からの経験医学、民間療法としても取り入れられてきました。  その効果は後に古代中国の正式な医学として採用され漢方薬と並び研究されてきました。 今でもその資料は残っています。

鍼を刺しその効果にただ頼っているだけではその程度の治療ということで民間療法と変わりません。 鍼やもぐさはタダの道具でありそれを「どこにどう使い治すか?」という方法論が技術であり医という学問となるのです。

繰り返しますが、医学とは鍼灸、注射、手術、投薬などの治療の手法や道具を以て決定するものではなく、その治療を何故そのように使うのか? なぜ、その治療を行うのか? など目には見えない思考や理論の部分が医学となり学問として成り立つのです。

当院は過去最高の鍼灸治療技術レベルを持っていた江戸時代の鍼灸の復興を試みる方を師事し、学者として、職人として、治療者として励ませて頂いております。

洋の東西を問わず現代の医学とは過去の医者達によるトライ・アンド・エラーの集大成です。 そして、その情報は確実に積み上がってはいるものの未だすべての病を治すまでには至っていません。 ただ、トライ・アンド・エラーでしか効果を出すことのできない「医」と分野であるからこそ、生涯勉強し、技術を磨く必要があると実感しています。 鍼灸師という道を選んだ以上、よりよい効果を出すためにも専門化する必要があると思っております。