良くも悪くもその人の人生を決めるのは体質です。

今現在が病気だろうが健康だろうが体質によって人は生活を自分にとって、より快適なものに工夫しているでしょう。 食べ物も買い物も、いつもの考え方ですら、生活の全ては体質が知らず知らずのうちに関わり判断基準に影響を与えています。

もちろんそれが快適だというのであればそれで良いでしょう。 しかし、このページにたどり着いた方はおそらく今の自分の体質が嫌いなのではないでしょうか? そして、できることなら体質を改善したいとお考えではないのでしょうか?

体質はたとえそれがどんなものでも、きっかけと努力で変えられるものです。

 

暑がり体質

寒がり体質の人が羨ましがる体質です。ただし暑がりの人はそれで快適かと言うととんでもありません。寒さが辛さを増幅させるように、暑さは煩わしさを増幅させます。

 

暑いというだけで非常に不快な気持ちにもなりますし、顔や手から汗が出るということに悩む人も多いです。 基本的に暑がりの人は体が太めであったり、赤ら顔であったり見たままのことが多いですが、実際にはそう言った人はまだマシで、見た目には冷えていたり普通だったりする人がとても暑がりだったりすることがあります。このような人の方が実は病が深いことがあります。

 

暑がりであるということは寒がりと違ってあまり人に理解されません。しかし体調不良という点から見ればどちらも同じ病であり治すべき対象です。 今後の健康管理、体調維持に支障がある可能性がありますからできるだけ早く治してしまうことが良いでしょう。

 

体を冷やそう

冷え性体質の人がただ単に体を温めれば良いのではないように暑がりの人もただ冷やせばいいということではありません。 冷やせば冷やすほど後で返って暑さが増すということも起こります。ただ、やはり暑がりの人の体をさらに温めるということは煩わしさが増すので普通は行いません。 

これも一種の体質であり体調です。やはり治し方にはいくつかのパターンがあり、なんでも冷やせばいいというものではありません。 

暑がりの人がなる病気には一定の法則があり やはりその病気も今後の人生に大きな影響を与える可能性があります。暑がりだと笑っているうちはまだ病は軽いので早めに体質を改善してしまいましょう。

 

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング