人類に残された時間はあと100年?!

スティーヴン・ホーキング博士が大胆予想してますね(笑)

どんな災害で滅亡するのかと思いきや、人間の手による環境破壊で滅亡するとのこと。

戦争拡大からの核戦争、人口ウイルスなどの化学兵器、温暖化など、科学の力が地球を人間の住めない状態に落とし入れると言うことのようです。 早く地球外に脱出する方法を確立しないと滅んでしまうよ。と…。

ホーキング博士が本気で言っているのか、警鐘を鳴らしているだけなのか分かりませんが、原発事故や北朝鮮問題などが身近な問題として起こっている日本でも「まぁ、あっても不思議じゃないよな。」と思えます。

地球脱出。全ての人間を運ぶことなど絶対にできないので国のリーダやその近親者。お金持ちの財閥や社長などがこぞって逃げ出すのでしょう。 逃げた先も地獄かもしれませんし、例えどこかで定住できたとして少数の人類だけで子孫を残していけるのか? こんなことを考えていると例え死んでしまうとしても地球に残って踏ん張ったほうが幸せな気もします(笑)

100年後、きっともう私は死んでますがどんな世界になっているのか興味津々です(*´∀`*)

タグ:
松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室 仁塾