予約の意義

時間を無駄にしないためではありますが、最も大きな目的は予約制にすることで治療の精度を上げることです。

鍼灸治療というものは西洋医学のように病名がついて標準治療やガイドラインに沿って決まったことを行うわけでは有りません。そのため、実際に対面で体の状態を確認してから判断する部分が大きくあります。

また、ご本人は気づいていないことも多いですが来院された時に持っているものが主訴のみの病であるとは限らず、殆どの人は複数の病の症状を持って現れます。これらは関連していることもあり画一的な治療法では思うように効果が出ません。

とは言え人の体の反応にはある程度の傾向があります。つまり、治療に先んじて知識を得ておけば対応しやすくなります。「この患者はおそらくこういう体調で来るであろう」という予想と「このような体調の者にはこういった治療方針が良い」という知識を合わせて実際の治療時に適宜考察し修正の上、施術を行うのです。 その後は、治療によって起こった変化から効果を確認し考察材料として次に繋げます。

一般的に言う「予習」「復習」ということですが、現代では専門である東洋医学的なものに加え、西洋医学的な知識が必ず必要です。さらに、鍼灸治療には病院のように○○科という区分けがないため、東洋的なもの、西洋的なもののそれぞれ関連、共有する症状の病理、病態などをも調べる必要があり、それなりの時間を要します。 

このようなプロセスは慢性的な病気を治すためには絶対に必要になる行為と言え、治療回数を重ねるごとに治療者の患者への理解が深まり、治療精度は上がることになります。

基本的に単発的な治療で行えることはその場抑えが主であり、効果もたかが知れています。確かに鍼灸治療は一度で劇的な効果が出ることもありますが、それは「ぎっくり腰などの病態が単純かつ症状がハデなもので施術者の知識やウデ、患者の状態がうまくマッチすれば」という運の要素が強いのです。正直、これはどこの治療院に行っても変わらないでしょう。 そして、再発防止や原因を取り除くといった効果を出すには単発治療ではほぼ不可能です。 

洋の東西を問わず、一部の簡単な病を除いた体調不良。特に慢性病は世間での広告から受ける印象ほど簡単には治らないのが普通で改善するには相応の手間や時間が必ず必要になります。それは誰が治療を行っても同じですが、本来治らないものをなんとかして治そうとするのが医療の有るべき姿であると思っています。

松山鍼灸院 漢方鍼灸個別治療室仁塾では以上のような方法を取っております。これにより治療回数を重ねるごとに患者の体の特性を治療者がより深く知ることが出来るために治療精度は上がっていき、今ある病だけに限らず今後起こるであろう病やその進行に対して予防的な措置を行うことにもなります。原則予約制であることに関してのご理解とご協力をお願い致します。

次項 漢方について

初めての方
ご予約の方