このページでは一般の人にあまり馴染みがない鍼灸治療の事例のうち代表的なものを紹介いたします。その他の症例報告はコチラから御覧ください。 

初めに

鍼灸は西洋医学で説明がつかない。治療法がない。病気とされないなどの各種病態にも効果が望めるものでありますが魔法ではありません。どんなものも一度で治ったり、なんでも目に見えてどんどん良くなるという幻想をお持ちの方は今すぐ捨ててください。 

西洋医学であっても同じですが、往々にして「発症から時間が短いもの」「症状が強いもの」「原因が単純なもの」等は少数回の治療で改善する可能性が高いです。

しかし、「発症してから長いもの」「症状が弱いもの」「原因が複数あったり別にあるもの」等は治療が長引く傾向にあります。

東洋医学も科学ですから、病気になること。症状が長引くことには理由があります。その理由を無視して治る道理はありません。

各種後遺症

脳血管障害や古傷。その他重い病気などで残った後遺症は基本的に長期戦となりがちです。

麻痺、痺れ、痛み、機能障害などが多いですが、良い効果を望むなら病後、出来るだけ早いタイミングで後遺症治療に取り掛かる必要があり、治療には本人の努力が必須となります。

経過が長いと治療効果も悪いので、初めからそれなりの心づもりでいていただかないと、時間とお金を無駄にするだけです。

傾向として、鍼灸治療に奇跡のような効果を望みがちな疾患であるとも言えます。極稀にそのような効果が出ることもあるのでしょうが、そんなものに期待するのは医学でも科学でもありません。 患者と治療者の努力の末、じわじわと良くなるものと考えておいて欲しいものです。