このページでは一般の人にあまり馴染みがない鍼灸治療の事例のうち代表的なものを紹介いたします。その他の症例報告はコチラから御覧ください。  

初めに

鍼灸は西洋医学で説明がつかない。治療法がない。病気とされないなどの各種病態にも効果が望めるものでありますが魔法ではありません。どんなものも一度で治ったり、なんでも目に見えてどんどん良くなるという幻想をお持ちの方は今すぐ捨ててください。 

西洋医学であっても同じですが、往々にして「発症から時間が短いもの」「症状が強いもの」「原因が単純なもの」等は少数回の治療で改善する可能性が高いです。

しかし、「発症してから長いもの」「症状が弱いもの」「原因が複数あったり別にあるもの」等は治療が長引く傾向にあります。

東洋医学も科学ですから、病気になること。症状が長引くことには理由があります。その理由を無視して治る道理はありません。

動悸、不整脈

これらで鍼灸院に来ようとする方の場合、危ない不整脈を起こしている方は大抵病院にかかって居られるものですが、大部分を占める特に危険のない不整脈、動悸は経過観察と言われることが多く、不快感と不安感が続きます。また、付随症状として他の不定愁訴も起こっていることがあります。

西洋医学で病気ではないとされるもの。治療対象にならないものにも有効な治療法が提供できるのが東洋医学の良いところでしょう。

基本的に動悸はその場で軽くなることが多いですが、再発もします。原因をとっていく必要があるので長期戦を覚悟しておいたほうが良いと思えます。

ただ、治療をすすめるとだんだん気にならなくなり、気がついたらしばらく起こっていないという治り方が多いようです。