このページでは一般の人にあまり馴染みがない鍼灸治療の事例のうち代表的なものを紹介いたします。その他の症例報告はコチラから御覧ください。  

初めに

鍼灸は西洋医学で説明がつかない。治療法がない。病気とされないなどの各種病態にも効果が望めるものでありますが魔法ではありません。どんなものも一度で治ったり、なんでも目に見えてどんどん良くなるという幻想をお持ちの方は今すぐ捨ててください。 

西洋医学であっても同じですが、往々にして「発症から時間が短いもの」「症状が強いもの」「原因が単純なもの」等は少数回の治療で改善する可能性が高いです。

しかし、「発症してから長いもの」「症状が弱いもの」「原因が複数あったり別にあるもの」等は治療が長引く傾向にあります。

東洋医学も科学ですから、病気になること。症状が長引くことには理由があります。その理由を無視して治る道理はありません。

頭痛

頭痛と言っても偏頭痛、群発頭痛、緊張性頭痛など色々ありますが、どれも問題なく治療ができます。

鍼灸院に来る頭痛患者は一般的に慢性的に経過している方が多いので、一度で完治することはありません。治療直後にはよくある言い回しとして痛みが軽くなったとか、ボヤケたなどと聞きます。

そのような痛み止めの治療を行いながら、頭痛の原因を探しとっていきます。 原因はいろいろで一概にこれだけかかるとは言えませんが、少しずつ頭痛が起こる頻度や痛みの程度が下がっていき、起こらなくなっていくでしょう。