なんでも端的に表すと嘘の部分が必ずまじります。  簡単に説明すると嘘の部分が生まれ、詳しく説明するとややこしくなる。 これはジレンマです。

なので簡単に説明してる記事はその全てを鵜呑みにはしないでください!! 

Q バストアップしたいです!鍼灸でできますか?

猫背姿勢を治せば大きくなる。 ◯◯を食べれば大きくなる! 大胸筋を鍛える! 寄せて上げて覚えさせる! など世の中には色々な方法がありますが基本的に私の鍼灸では内科的に考えます。

女性が女性らしい体つきになるには女性ホルモンであるエストロゲン、プロゲステロンが大きな役割を持っていることは疑いようのない事実です。 加えて乳房の主成分?は脂肪ですから体が飢餓状態ではいけません。 ちゃんと食事をして取った栄養を吸収し、脂肪に変えて胸に付ける。という作業が体で盛んに起これば胸は大きくなるし、この作業が少なければ大きくならないと考えられます。他の場所に脂肪がついても仕方がないですから。 実際に東洋医学としての鍼灸を使った場合には別のことを考えていますが、ここで詳しく語ってもこの記事を読んでいる方の99.9%は理解不能でしょうから割愛します(笑)

そうすると食事、睡眠、運動の適正化に励むのは当然のこととして、必ず月経を整える必要があります。良い月経が毎回来ると言うことは、ホルモン以外の脳も内臓も生殖器も自律神経系も正常な働きをしているという一つの目安となります。 このようなものでのトラブルが乳房の発達を妨げていたとしたらその場合は治療により劇的に大きくなることもあるでしょう。 ただし、当然ですが若さも大きな要因です。若いほうが成長ホルモンの分泌が盛んですから効果は出やすいです。 特に10代の頃の成長期が間違いなく効果を出しやすいといえます。 逆にこの頃の不摂生は今後のホルモンバランスの乱れ、月経不順の大きな原因になりますからお母さんは娘の将来の健康と出産、体型のためにも子供の生活、体調に気を使っておいて損はありません。

因みに、鍼灸で「豊胸のツボ」として必ずと言ってもいいほど出て来る「膻中」ですが、胸部を物理的に刺激しているから胸が大きくなると言うことではありません。 単なる物理刺激で大きくなるのなら誰も苦労はしませんし、実際に使ってみてもコレだけで大きくなるという人はごくごく稀でしょう。 豊胸が目的であっても大半は胸以外の場所を治療ポイントに置くのが普通で胸の周りはオマケです。 そもそも、いろいろな意味でデリケートな場所なので治療するこちらとしても気を使うために、あまり使いたい部位ではありません。

 

A 多くの人が思うであろう鍼灸の「物理刺激」で直接大きくすることはムリです。各種条件のもと治療すれば起こることもあるでしょう。

 

 

ブログランキングに登録中です。よかったらポチってくださいm(_ _)m


健康と医療ランキング

もし、何かリクエストがある方はメールなどでご連絡頂ければ出来る限り「かんたんに」そのうち答えます。質問内容はなんでも構いませんが、私の独断と偏見で採用するかは決めさせていただきます。 当然、公序良俗に反するような質問は無視です(*´∀`*)