なんでも端的に表すと嘘の部分が必ずまじります。  簡単に説明すると嘘の部分が生まれ、詳しく説明するとややこしくなる。 これはジレンマです。

なので簡単に説明してる記事はその全てを鵜呑みにはしないでください!! 

Q 東洋医学は西洋医学より効きますか?

どっちもちゃんとした医学ですがそもそもの成り立ちが違います。理論も方法も違います。 だから、一概にどちらが効くとは言いにくいですが、一つ言えることは、西洋医学は比較的医療の品質が均一ですが、東洋医学はかなり品質にバラつきがあります。 つまり、西洋医学は「当たらないけど外れない。はずれないけど当たらない。」 「どこにいっても治るものは治るし治らないもんは治らない。」 東洋医学は「当たり外れが大きい。」「あそこなら治るけどこっちでは治らない」といったイメージです。

西洋医学の医師は診断のプロと処置のプロに大別されます。 日本で確定診断を行えるのは医師だけ。という法律ですからライセンス上はいろいろ出来るように認められているものの外来を受け持っている医師の多くは診断以外に時間を割く余裕がありません。 しかし、当然、診断だけでは病は治りませんから通り一遍の投薬や処置となります。 処置のプロが行う手術や投薬治療があれば治るかもしれませんが、よほど特殊なものや特定の場所でしか行なっていない最先端技術を使ったようなものでなければこれまたどこでもほぼ同じです。

東洋医学では診断と治療を一人で行うことが多いですが、西洋医学の医師とは少し違っていて個人の技や知識、経験に依存する「職人」としての意味合いが強いです。 手習いレベルの者もいれば匠の技を持った者もいる。 教科書レベルの知識しか無い者もいれば独自の理論や応用を持つ者もいる。 

今の時代、西洋医学が優先なので西洋医学に行ってからダメなら東洋医学に頼るというパターンが多いでしょう。 ウチもご多分に漏れずそういった方が来られることが多いです。 私はこれで良いと思います。一番、時代にマッチしていますから。

A 時と場合によります。ただ、素の思想が全く違う医療なので単純に比べることができません。

 

もし、何かリクエストがある方はメールなどでご連絡頂ければ出来る限り「かんたんに」そのうち答えます。質問内容はなんでも構いませんが、私の独断と偏見で採用するかは決めさせていただきます。 当然、公序良俗に反するような質問は無視です(*´∀`*)